舗装工事で店舗をアレンジ【店舗デザインも任せて安心】

作業員

開業前の準備

業者

店舗デザインと施工について

店舗の開業を予定している人にとって、開業に至るまでのそれぞれのプロセスを適切に進めることは、成功の第一歩です。手順としては、開業を予定している店舗の全体像つまりコンセプトの企画立案、次に、そのコンセプトに基づいた設備や予算などの設計や仕様の確定、必要な許認可申請、そして実際の工事施工、管理、竣工、引渡しとなります。この中で、店舗デザインと工事施工を同一の業者に委託するか別々の業者に委託するか、二つの方法があります。それぞれメリットがありますが、同一の業者に委託する場合、納期短縮とコスト削減という可能性があります。ただし、店舗デザインと施工両方について十分な実績と経験を持つ業者を選択することが必要になります。店舗の状態によっては舗装工事なども必要になってくるパターンもあります。

開業に必要な費用の検討

店舗を開業するには、労力や時間とは別に費用が必要です。内訳としては、店舗デザインを含む工事関連費用、物件にかかる家賃や保証金などの費用、開業準備期間中に必要な広告宣伝や人件費など、さらに営業用の資材や商品仕入れ、消耗品の購入費用など多岐にわたります。このうち、最初の段階で必要になる店舗デザインの費用は、通常、工事費用総額の5%から10%程度が相場といわれています。もちろん、店舗デザインの質や内容、担当する範囲や工事施工まで併せて受発注するか、など多くの要素で費用は変わります。先に述べたように、店舗デザインと工事施工を同じ業者に委託することで、工事期間を短縮することが可能です。その結果、全体の費用を抑える効果があることも検討項目として挙げることができます。

デザインを任せる

マンション

自分で明確なデザインのイメージを持っていてもなかなかデザインを思い起こす事が出来ない場合があります。しかし、専門的に店舗デザインを行なっている業者であればデザインのアイディアや施工などもしっかり行なってくれます。

View Detail

価格も考慮する

工事

店舗でなにかを販売したいと思った場合は店舗のコンセプトに合わせたデザインが求められます。デザインは店舗デザインを専門に扱っている業者を利用する場合は費用などをしっかりと考えましょう。

View Detail

デザインは重要

シャッター

デザイン性は非常に重要で、店舗などを営業するならなおさらコンセプトに合ったものを購入する必要があります。店舗デザインを業者に依頼する際には事前にイメージを伝えておくことが大切です。

View Detail